夫が嫌い!生理的に無理だけど離婚しない『プラトニック夫婦』という生き方

話しかける夫と嫌そうにそっぽを向く妻 夫婦
夫のことが生理的に無理…というかむしろ嫌いなくらいなんですが、どうしたらいいんでしょう?

こんな質問を受けて、普通最初に浮かぶのは「離婚したら?」という意見でしょうが、家庭によっては色々と離婚できない事情もあるようです。

離婚はできない、だけど、生理的に無理な夫と生活を続けなければいけない…こんな時は、どうやって付き合っていけばよいのでしょう。

そもそも『生理的に無理』って?

よく聞く「生理的に無理」という言葉ですが、これはどのくらいのレベルのことを指すのでしょう?

これは個人的な考え方もかなり影響すると思います。そのため今回の記事では“夫婦間での生理的に無理”なラインを

『この人に抱かれると想像するだけで寒気がする』

として進めていきます。

さて、あなたは旦那さんとエッチしていますか?旦那さんとのエッチを想像した時に、イヤーな気分にはなりませんでしたか?

多少イヤだけどできなくはないという方は、関係修復とまでいかなくても普通レベルでの生活は共にできそうです。

セックスしたくない!想像もしたくない!という方はかなり深刻。そんな方は日常のどんな時に無理だと感じるんでしょうか?

どんな時に生理的に無理って感じるんですか?

いつからかはわからないんですが、食べ方とかファッションとかそれまでは全然気になってなかったところが妙に気になりだして。
そのうちもういろんなところが嫌いになりだしました。

この意見が一番多かったのですが、ひとつ嫌なことが目につくとそこから雪崩式に嫌いなところが増えていくパターン。

具体的にどんなところが嫌いだと感じるかというと、さきほどの食べ方やファッション以外にも

  • 匂い
  • 声(話し方・言葉遣い)
  • 態度(優しさがない・エッチしたい時だけ優しい)

といった日常生活にも支障が出そうな部分を嫌いと感じて、『触りたくないし、触られたくない』とまで思ってしまうそう。

当然、ここまでくるとエッチできるようなレベルじゃないですよね。

また外見的なことだけでなくこんな意見も。

自分に対して優しくないだけじゃなくて、例えば店員さんに対してとか、子供やペットに対しても『うるせーな』とか言ってるのを見ると、本当にこの人嫌いって思う。

弱い立場の人に対して態度が大きくなるのを見て、一気に嫌いになることもあるそう。こういう人は気分によって態度が変わったりして、時には暴力をふるうパターンもあるようです。

家庭内暴力

ここまでくると、『生理的』以前に『人間として』嫌いのレベルなので、自分や子供が傷つけられる前になんとか離婚できないものかな?と思ってしまうものですが…。

家庭内で決めたこととかを全然守ってくれないと、ほんとこの人ヤダって思います。なんでそんなこともできないのかな?って。

一緒に決めたルールなのにちっとも守ってくれないとなると、生活するうえでストレスが溜まりますよね。そのストレスが「生理的に無理」に繋がる場合もあるようです。

これに対する男性の意見としては「普段会社でルールに縛れらてるから、家でまで束縛されたくない」らしいのですが、奥さんにとっては「決めたことでしょ?」の一言につきますよね。

生理的に無理と感じ始めるきっかけとは?

それでは生理的に無理と感じた原因をもっと掘り下げてみたいと思います。

調査してみると、ほとんどの方が口をそろえて「気づいた時には・なぜか急に」と大きな原因がわからないとおっしゃっています。

しかしながら、中には明確に「これがきっかけだった」とわかっている方も。それは大きくわけて次の3つです。

  1. 浮気・不倫
  2. チリツモ
  3. 子供

具体的に解説していきますので、ご自分にあてはまるものはないか思い返しながら読んでみてください。

1.浮気・不倫

夫が浮気したことがきっかけでした。それがわかった時には許したんですが、やっぱりこれまで通りとはいかなかったです。
身なりや趣味なんかも他の女を意識して変えてたのかなとか…考えだしたら急に気持ち悪くなって。

浮気が発覚する前のことを思い返して、あれもこれも浮気相手を意識していたことなのかな?と考えだすと、腹が立つのと同時にすごくイヤな気分になったことがきっかけだそうです。

確かに、他の女に触った手で…と思うと、頭では許して受け入れようとしていても、体が拒絶するものよくわかります。

夫を拒否する妻

これとは逆に、

私に好きな人が出来て。その人といると楽しいんですけど、夫との時間はとても苦痛です。本当は離婚したいけど、そうもいかないし。
いつまでも夫を拒むのはよくないとは思うんですが、どうしても嫌で…。

という奥様もいらっしゃいました。男性と違って女性は、セックスする上で気持ちが先行する人の方が圧倒的に多いので、好きな人以外に触られたくないと思ってしまうのは当然です。

とはいえ、どうしても離婚できない理由があるのであれば、浮気相手ばかりに気を取られるわけにはいきませんよね。

2.チリツモ

ある日突発的に、というわけではなく、日常生活の中の小さな出来事がどんどん積み重なったことが原因となったパターンです。

価値観が合わなかったのかもしれないですね。子供ができて、あまりその辺を理解する前に結婚しちゃったので。
話がかみ合わなかったり、行動とか性格とか理解できないことが多くて。
あと金銭面。そういうのでちょっとした喧嘩が絶えなかったりで、それが積み重なって、あ…嫌いかも…ってある日気づいちゃったんです。

誰かと一緒に生活をしていく上で重要になってくるのは、お互いの価値観です。違いを認めることができればある程度許せるところもあるでしょうが、あまりに違い過ぎるとそうもいかないものです。

かみ合わない夫婦

『合わない』という点ではこんなところが合わないのも、大きな原因になるようです。

セックスが合わないです。付き合ってる時は『好きだから』って許せてきたけど、やっぱり長年一緒にいて同じことの繰り返しだったり。
そう考えだしたら、最初は気持ちいいと思えてたことも一切何も感じなくなっちゃって。
そうなるとただの作業だし、もうしたくないって思ってからは、他の部分も許せなくなってきました。

『他の部分も~』となる前に、性にオープンになってお互いにどんなことが気持ちいいのかを話せるような関係を築ければよかったのですが…。

まだ歩み寄れるならなんとかしたいところかではありますがお互いに「今更」ってなっちゃいますよね。。

3.子供

子供が生まれてから子供が一番になっちゃって、子育て優先にしてる間に夫との距離がちょっとずつできて。
そしたらなんか夫が汚いと感じるようになって、あんまり触ってほしくないな…って。
ひどい話だとは思うんですが、一度そう思ったらなかなか元には戻せなくて。

出産はセックスレスのきっかけとしてもよく挙げられますよね。子供に手がかかると、どうしても旦那さんのことはほったらかしになってしまいがちになるものです。

また、子育てに協力をしてくれない旦那さんに対してイライラが募ったり、先ほどもあったように子供に対して冷たい態度をとることに幻滅したり。

子供が成長してくれば教育方針の違いなどといったことも、溝が深まる原因になるようです。

女性の辛辣な意見と男性の反応

「嫌い」「生理的に無理」だけでもショックを受けるところですが、世の中にはもっと辛辣な意見をもった女性もいるようです。

「夫は単なるATMだと思っています」
「ちゃんと働いてくる旦那は最高の生命保険」

実際に奥さんから「生理的に無理!」と思われている男性…にはさすがに聞くことはできないので(汗)、既婚男性にこの意見を伝えてみたところ、中には

こんなこと、もし直接言われたら死にたくなるなー…

と肩を落とす男性も。言わずにやり過ごせたらどんなにラクだろうとは思いますが、実際直接伝えずにやり過ごす方法ってあるんでしょうか?

関係性を保ってうまく立ち回るために『子供をダシに使っている』という方がいらっしゃいました。

夫に何かして欲しい時とか、直接頼むのはなんかイヤなので、わざと子供に『パパと一緒にお片付けして』とか『パパとお風呂入っておいで』と伝えて夫を動かすようにしてます。
寝る時も子供と一緒に寝るので、エッチもせずに済んでます。

お子さんがいる家庭では使えそうですが、この方法だとこんな不安もあるようです。

使えるのは子供が小さいうちだけですから。この手が使えなくなったらどうやって夫と距離を保ったらいいのかは今からかなり悩んでます。

子供が小さいうちの「その場しのぎ」の方法だと、どうしてもその後続かなくなってしまいますよね。「その場しのぎ」以外に上手に距離を保つ方法ってあるんでしょうか?

ハッキリ伝えずに距離を保つ方法って?

では、旦那さんにハッキリと伝えずに距離を保つ決定的な解決方法はあるのでしょうか?それが…

『プラトニック夫婦』という生き方、付き合い方

なのです。

そもそもプラトニック夫婦ってなんだ?という疑問もあるかとは思いますがまずはその事例をご紹介させていただきます。

【プラトニック夫婦 事例1】いつのまにか…

自分の思いを伝えることなく、自然に友達のような関係を築いたという方もいます。

夫のことは嫌いとまではいかないんですが、セックスはしたいと思ってなくて。
夫とのセックスに気持ちよさを感じないのもそうだけど、子供を欲しいと思ってなかったり、自分にとって仕事が大事って思い始めたのも大きな理由かも。

そのことについてハッキリとお互いが話したことはないんですが、夫の方が私の態度から感じ取ったのか、全く求めてこなくなりました。
実際夫はどう感じてるのかはわからないので、ただの私のワガママが通っているだけとも言えるんですけど。

旦那さんの方が奥さんの気持ちを察知したのか、もしかしたら単純に旦那さんも誘えなくなっているだけ(ただのセックスレス)なのか、旦那さんが不倫しているのか・・・

この辺りの実際のところはわかりません。

しかしながら、セックスが無い状態であっても

一緒にお酒飲みに行ったり、遊びに行ったりするのは普通するし、夫も楽しそうにしてますよ。

ということで、「ルームシェアしている友達」のような関係を築けているお二人です。

でもよく考えてみたら老夫婦もこんな関係性ですよね。

【プラトニック夫婦 事例2】少しずつシフト

一度にハッキリは伝えずに、少しずつ距離を取っていったという方もいらっしゃいます。

私自身もどう向き合っていいかわからなかったので、ハッキリと伝えるというのはやっぱり難易度が高くて。
セックスもイヤだけどイヤって言えずに受け入れたりしてたけど、このままじゃいけないな…と。

自分がイヤだなと思ったことを、少しずつ伝えていきました。
言葉が乱暴だったり、なんかイライラしてることが多かったり、においとか話し方とか気になってることをその都度柔らかく指摘して。

旦那も最初は直そうとしてくれてたみたいですけどね。
でもまぁ、直すとかそういうことじゃなくて、そう感じてしまった時点でNGなので…。それも伝えました。

少しずつ伝えることで、少しずつ距離をとり、

最終的には『セックスもできないから、どうしてもしたかったらお店とか、浮気とかしてもいいです』って。
旦那からしても、イヤがってる妻とするよりはそっちの方がいいって思ったんでしょうね(笑)。

外で発散してる分、私にも子供にも優しくなってくれたのでそれはそれでよかったかな。

と納得いく形で今は収まっているとのこと。相手の出かたも見ながら、お互いにとって良い方向性を探りながら関係を作っていったようです。

【プラトニック夫婦 事例3】ハッキリ伝えてスッキリ関係

離婚できないけど、我慢もしたくないということで、ハッキリと伝えて一緒に関係性を構築したという女性も。

一時期は色々我慢していたんですけど、長くは続かないですよね。彼の方も私の変化には気づいていたし、このままなぁなぁにするのは子供のためにも良くないかと思って。
お互いに子供は大事なので、離婚はしたくないですしね。

あなたのこういうところがイヤで、セックスは一切したくない。
だから夫婦というよりも『子供の親』としての関係だけでいましょう、って。

しっかりと話をしたうえで、お互いのスペースは別に持つなどして「家庭内別居」を始めたそうです。

お互いの距離をしっかりとったことで、

気になってしょうがなかった彼の嫌いなところも、少しずつ気にならなくなりました。
ただの契約上の夫婦なので、彼が外で何してても構いませんし、私ももしかしたらそういうこともあるかもしれませんね。
その辺もOKってことでちゃんと話してあります。

もちろん、親としての仲は良好です。

と、ストレスを軽減していい関係を作り上げることができたそうです。

『プラトニック夫婦』を目指してみよう

紹介した事例からも分かるように

  • 友達夫婦関係を築く
  • 契約関係を築く

ことで、本来の夫婦としてのあり方ではなく、体の関係はないけれども心地よい距離感をもって接しながら一緒に生活をする。これが『プラトニック夫婦』という関係です。

もちろん、これらの事例はどんな夫婦にも通用するような万能な方法ではありません。こんな関係を築くくらいなら、多少無理があっても離婚を選んだ方がいいこともあるでしょう。

いまの世の中は仕事もプライベートも本当に多様な生き方があるし、それを尊重されるようにもなっています。

「夫はこうじゃなきゃ」「妻はこうじゃなきゃ」こんな言葉はもう古く、夫婦という関係についてももっと多様化しても良いのではないでしょうか。

ご紹介した事例を参考にしながら、あなたと旦那さんに合った関係の築き方を模索してみてください。

結婚指輪

そして、「うちはこんな方法でこういう関係を築いたよ!」という声を、同じように悩んでいる方のために是非お寄せください。お待ちしています。

ちなみに、良好な関係を築く前に旦那さんにセックスを求められた際には、こんな風に断ってみてはいかがでしょう?

今日はエッチしたくない。夫を傷つけない夜の誘いの断り方

2018.10.02

【不倫・復縁に強い!】電話占いカリス

[提供元]ティファレト

この記事もどうぞ

復縁→逆転した話