男性からのアプローチが怖い!恐怖を克服して幸せをつかむ方法

拒絶する女性 ココロ・カラダ
男性と話すのが怖いんです。たぶんですけど…私に好意を持っていただいてるのもわかるんです。
でも、アプローチされるのがやっぱり怖くて、ついつい避けるように逃げたくなります…

27歳OL みなみさん

ストーカー被害、男性からの暴力、幼い頃の環境など、様々な要因があるとは思いますが「男性からアプローチされるのが怖い・逃げたくなる」と感じる女性は増え続けているそうです。

「決して世の中の男性たちすべてが自分に乱暴しようと思っているわけではない。」

理屈ではわかっていても、恐怖に感じる気持ちそんな気持ちがちょっとでも安らげるように、そもそもの原因とアプローチへの対処法を考えてみました。

これを読んだ後に、あなたの男性に対する不安が少しでも軽くなりますように。

そして世の中の男性にもこの記事を読んでもらえるように…

男性を怖いと感じる原因

さて、早速ですがあなたが男性のアプローチを「怖い」と思うようになったきっかけは、どこにあったのでしょう?まずはその原因を探ってみましょう。

幼少期のいじめや虐待

幼い頃の経験は、その後の人生に大きく影響します。幼稚園や保育園、小学校で男の子からのいじめを受けていた経験があると、そのイメージが定着してしまうことも。

泣いている女の子

また家庭において、父親から家族や自分への暴力を目の当たりにしていた経験からも、男性は怖いものとインプットされ、男性と接することができなくなるそうです。

性的被害

男性からの性的被害。もしかしたらこれが一番多い恐怖の原因なのかもしれません。

1. 痴漢や強姦などの犯罪

痴漢や強姦といった性的被害による心の傷は、簡単には癒えることはありません。男性から性的な目で見られている感覚に耐えられず、触れられることに大きな嫌悪感を抱くそうです。

2. 幼少期の経験

幼少期の経験は男女問わず強烈に頭に残るものです。よく遊んでくれていた近所のお兄さんや、親族などに性的ないたずらをされた経験などが、心の傷として残るケースです。

3. お酒の席での男性の悪ノリ

飲み会などのゲームで男性からキスされたり、触られたりすることでトラウマになる場合もあるでしょう。男にとっては軽い冗談のつもりでも、女性が嫌がることを平気でするような幼稚な人たちとは距離を起きたいものですね。

4. エッチが痛いだけ

彼氏とのエッチが痛いばかりで、そのうち「なんでお前は感じないんだ」と怒られることもあるとか。これでは男性と付き合うことを避けるのも当然です。

5. 若い頃からずっと続いてきた男性からのアプローチ

本人は全くそのつもりがないのに、知らない人から毎日のように言い寄られることは本当に苦痛です。

時には自分の父親ぐらいの年齢の人たちから言い寄られることもあったり、中には断ることで罵声を浴びせたり、嫌がらせをする男も居るとか。これは男性不信になるのも仕方ありません。

極度のきれい好き(潔癖)

誰かが触ったものは当然だけど、人に触るのも触られるのも嫌。除菌・抗菌グッズが当たり前に販売されていたり、トイレや施設には殺菌スプレーが当たり前のように置かれているこの時代。昔よりもきれい好きな人が増えているのが現実です。

男性はがさつなイメージがあるので、そんな人達からアプローチされるのはきれい好きな人にはたまらなく辛いことでしょう。

コンプレックス

自分の体型に自信が持てずに、男性との接触を避けようとする方もいます。また、体型だけでなく、体に傷があることなどで周りの女性との違いにコンプレックスを感じてしまうこともあるとか。

コンプレックスを抱き始めたきっかけについては、「馬鹿にされた・いじめられた」「付き合っていた男性にひどい反応をされた」「鏡に写る自分が嫌い」などがあり、

精神的
こんな自分と付き合いたいなんて、嘘に決まっているという思い込み
肉体的
裸を見せて嫌われるのが怖い

こんな、思い込みと恐怖が自分を苦しめています。

裏切られた経験

恋人の裏切りや、詐欺などで騙されたなど、過去の恋愛経験で男性を信用できなくなることもあります。

また同じように裏切られることへの恐怖はもちろん、「自分のことを本気で好きになってくれる人なんていないのかもしれない」という不安から、男性とまたお付き合いすることができなくなってしまいます。

これは恋愛関係に限らず、友達や信頼していた間柄の男性からの裏切りも、同様な不安につながることがあります。

「男性は裏切るもの」という固定観念が、一歩踏み出す勇気を奪ってしまっているのです。

男性経験がない

これも意外と多いです。男性とお付き合いや体の関係をもったことがないまま年齢を重ねたことで、男性とどうお付き合いをしたらいいのかわからないことに不安を覚える女性もいます。

ほとんどの男性はそれほど気にしないのが現実なんですが、今まで経験がないということを知られたら、嫌われるのではないかという恐怖も足かせになるようです。

本当に男性に興味がない

仕事が忙しくて本当にそれどころではない人から、異性を愛せない人もいることでしょう。これは恐怖もあるでしょうが、どのように相手も自分も傷つけずに断るかがポイントになりますね。

塞ぎこむ女性

以上、色々な男性への恐怖の原因を書きました。これら一つ一つが原因ではなく複数の要因が重なって苦手意識を持つこともあるでしょう。

では実際にこれらを克服していくためにどんなことが出来るかを考えていきましょう。

恐怖を克服するのは小さな一歩から

男性のアプローチが怖いと感じる理由は、原因でも色々と挙げたように『これまでの経験からこびりついた男性へのイメージ』です。

「男性すべてが私に危害を加えるわけではない」と理屈ではわかっていても、なかなか心は言うことを聞かないのが現実。だから本当に小さな一歩からスタートする必要があります。

ゆっくりやる

「ゆっくりやる」これが最も重要なポイントです。

今まで何年、何十年と積み重なった恐怖・トラウマはそんな簡単に拭い去れるものではありません。本当にゆっくり、ゆっくり自分のペースで意識を修正していくことが重要です。

  • 早く克服しなきゃ!
  • 両親や周囲から「彼氏いないの?」と言われる
  • 次にアプローチされたらもうどうしていいか分からない

こんなプレッシャーはすべて外しましょう。あなたは変じゃないですし、今までの過去を振り返ってみてもそうなってしまうのも当然です。周りの意見も関係ありません。

あなたはただ誰よりも危険を察知する予測能力が高いだけ。そんな自分を拒否するのではなく、受け入れるところから初めてみてください。

その上でこれから紹介する方法をできるところから初めてみてください。失敗しても大丈夫。そこに向かって小さくても行動したということが重要なんです。

そもそもこのブログを真剣に読んでくださっている時点で、あなたは少しずつ変わろうとしているということ。これは前向きな第一歩ですね。

日常生活で練習をする

ではまず、日常の中にある男性と接する場面で、恐怖を取り除く練習をしてみましょう。

  • よく立ち寄るコンビニでお釣りを貰う時に、男性の店員さんと目を合わせてみる。
  • 外食をした時に男性店員に「ごちそうさまでした」と言ってみる。
  • 職場で男性の同僚に自分から挨拶する。

できるところから少しずつ、日常生活の中に取り入れてみましょう。ルーティーン化することで、次第にそれが当たり前になっていきます。

もちろん、いきなりハードルを高く設定する必要はありません。自分が出来そうなところから始めて、つらいと感じたら一度お休みするのも問題ありません。少しずつやりましょう。

インターネットを利用する

直接男性と接するのが難しいようであれば、チャットやSNSを通して男性と会話をするところから始めるという方法もあります。

もちろん文字だけのやり取りですが、免疫をつけるという意味では効果があります。

もしあなたがゲーム好きならば、オンラインゲームを通じてボイスチャットなどで男性と仲良くなれる可能性もあるかと思います。

ただし、実際にその男性と会うとなると話は別。実際に会って怖い経験をしてしまったらそれは逆効果です。

あくまでも、会話の練習として利用する感覚で試してみてください。

もしあなたに「どうしても会ってみたい」という思いが芽生えたのなら、信じて踏み出してみることも克服への大きな一歩になるかもしれません。

友達に協力してもらう

仲のいい女性から男友達を「グループで会う」という前提で紹介してもらいましょう。これはお付き合いではなく、飲み仲間や食事仲間として友達を作る目的なので、既婚者や彼女がいる人でもいいと思います。(むしろその方が良いかもしれません)

信頼できる友達の友達で、すでに最愛の人が居るのであれば、全く知らない男性と接するよりはリラックスしてお話ができるでしょうし、アプローチされる心配もありません。(最愛の人が居るのにアプローチする男は、今のあなたには論外ですしね)

連絡先交換

また、その男性の良いところをお友達から聞くことで、今まで抱いていた男性へのイメージを払拭するきっかけにもなるはずです。

もし機会があれば、男性側が女性からされたひどい体験などを聞いてみるのも一つです。

「同じような経験をしている人は男性にもいる」と思うことで、「男性だから」という意識をとっぱらって、「同じ人間」として個人の内面に目を向けられるようになります。

家族と話してみる

原因が家庭環境にあった場合は、それについて家族と話してみるのも良いでしょう。身近に理解者がいるのは、心にも安心感を与えます。

父親の冷たい対応や虐待が原因だという方は、もしその父親と話ができる関係であれば、辛いかもしれませんが当時のことを聞いてみるのも方法の一つです。もちろん本人じゃなくても母親に聞いてみるのでも構いません。

歳を取って当時を後悔し反省し、和解できたことで徐々に心の傷が癒えていったという事例はたくさんあります。どちらにしてもゆっくりやることを忘れずに。

プチ整形をする

方向性が少し変わりますが、外見が変わると人は自信を取り戻すことが出来ます。

少し前と違って、今は気軽にプチ整形をする人も増えています。コンプレックスで男性との関係に踏み切れないという場合は、思い切ってこの方法をとるのも良いかと思います。

スキンケアイメージ

例えば、シミやそばかす・ニキビ跡などで悩んでいたけれど、プチ整形をして肌をきれいにするだけで十分自信になり、性格が明るくなれたという人もいます。

日帰りで施術できたり、料金も手ごろになっているので、どんなものがあるのかを軽い気持ちで調べてみてはいかがでしょう?

カウンセリングを受ける

あなたの傷がとっても大きなものであったら…、克服したいという前向きな気持ちで行ったことが逆効果になることだってあるかもしれません。

カウンセリングを受けて、自分と向き合うことで、自分に合った克服法を見つけることが一番の近道でもあります。

カウンセリングとなると、自分が病気なのではないかと感じてしまって、足が進まないのもよくわかります。

しかし、そこまで深く考えずに、ちょっとだけ重荷を下ろしに行くくらいの感覚で行ってみてください。

自分の思ってることを聞いてもらう、どんな症状があってどんな方法があるのかをきちんと理解する時間は、ココロの健康にはとても必要な時間です。

男性の恐怖を克服してどうしたいの?

男性への恐怖を克服してから、あなたがつかみたい幸せってなんでしょうか?先の幸せを想像することも、克服への一歩です。

恋愛・結婚がしたい

あなたが完全に克服した状態であるなら良いのですが、どうしてもすぐにはぬぐい切れない部分もあると思います。

もしも、出会った男性とお付き合いしていくにあたって、その傷がまだつらいのであれば、きちんと男性にも理解をしてもらうことが必要不可欠です。

不安を話したら嫌われるのではないか、と悩んでしまう気持ちもよくわかります。しかし、何もわからないまま彼女がつらそうにしているのを見ている男性も、きっとつらいはずです。

四葉のクローバー

やはり「この人とだから克服できた」という相手と幸せになってほしい。そのためにも、あなたが気持ちを正直に伝えられて、そのつらさを受け止め、支え合てくれる男性がそばにいれくれたらいいな、と心から思います。

それを踏まえた上で、あなたが男性との距離を一歩縮めるきっかになるような出会い方を少しだけご紹介します。

趣味を持つ

男性のことを意識しすぎるあまり、そこにばかり集中してしまうのはあまりよくありません。

別の趣味を持つことで、その間はあなたの心の安らぎを保てるでしょう。もしその趣味がお相手にもあるならば、それはとても理想的な関係と言えます。

共通の趣味をもつ男性ならば、距離を縮めやすいですし、一つの趣味を長く続けている男性には、根気強さを持ち合わせている人が多いので、そういう男性があなたを支えてくれるかもしれません。

リゾートのバイトに行く

もし、あなたに時間的な余裕があるならば今住んでいる場所を離れて、リゾートバイトに出るのもおすすめです。

実際に出会いの確率はかなり高い場所ですし、美しい風景の場所であればあなたの心の癒しにもなるかと思います。

リゾート(夏)

とはいえ、このような場で出会った男性とのお付き合いは長続きが難しいケースが多いので、男性との出会いに免疫をつける程度の感覚で利用してみるのも良いでしょう。

アプローチしてくれている人と食事に行く

もしあなたのことを知っているうえでアプローチしてくれている男性が居るのであれば、思い切ってその人と食事に行ってみるのはいかがでしょう?

少なくともあなたのことをわかってくれている分、心を開きやすいのでは?

今までは怖くて拒絶してしまっていたかもしれませんが、それでも待っていてくれているのであれば、距離を縮めてみてはいかがでしょう。

結婚相談所へ行く

結婚相談所?と聞いて嫌だと思うかもしれませんが、いまの結婚相談所は本当に親身に話を聞いてくれるところが多いです。もちろんあなたと同じように男性に対して恐怖心を持っている女性の心を、十分に理解してくれているスタッフもたくさんいます。

結婚相談所は会う人も大事ですが、最も重要なポイントは、あなたに付いた担当がどれだけあなたのことを親身に考えてくれるか?です。

結婚相談所からの連絡

もし安心して任せられる担当さんと出会えたら、それこそが奇跡的な出あい。そんな視点で利用することも良いのではないでしょうか?

一人で生きていきたい

男はもういいから一人で生きていきたい。中にはこんな割り切った考えの女性も、いらっしゃるでしょう。

また、男性からのアプローチ自体が本当にイヤという方も。こういった方は無理に克服する必要はないと考えています。

いや、そもそも、男性の存在を近づけすぎないことがもうその人にとっての克服なのです。

男性と恋愛をして、結婚をして、子供を産んで…という人生だけが女性の幸せではありません。

もし、男性からアプローチがあった場合、変にオドオドして何も言えないのは、相手のアプローチをエスカレートさせる可能性があります。

ここは怖くてもハッキリ言うしかありません。

わたし、男性は愛せないので。

ここまでハッキリ言われてしまうと、男性もそれ以上は何も言えないものです。

それでも言い寄ってくる人が居たら、もう誰かに相談するしかありません。自分のことを考えてくれる親族や友人、最悪の場合は公共の機関を頼りましょう。

まずは固定観念を取り除くことから。

世の中にはショック療法というものもありますが、体に負担を与えてしまうのはやはりオススメはできません。

焦る必要も、無理をする必要はありません。「ゆっくりやる」こと。あなたのペースで自分のココロと向き合ってください。

まずは、あなたの中にある「男性はこういうものだ」という制限を取り除くことから始めてください。

制限がなくなれば、あなた自身も今より顔を上げて生活できるようになり、視野も広がることで今まで見えていなかった男性の新たな一面の発見できるでしょう。

まずはその一歩を踏み出してみてください。あなたが自分なりの幸せをつかめることを、私たちは祈っています。

【不倫・復縁に強い!】電話占いカリス

[提供元]ティファレト

この記事もどうぞ

復縁→逆転した話