「じゃあ割り勘で!」…付き合う前に割り勘にする男ってどう思う?

財布を持ってOKサインを出す女性と、困っている女性 出会い

男性からの突然の食事のお誘い…よっぽど生理的に無理な相手でなければ、やっぱり純粋に嬉しいものですよね。

しかし、こんなパターンはどうでしょう?

まだ付き合う前の段階で男性から誘われた時、食事のお会計で「じゃあ、割り勘で!」って言われたんです。こんな男、どう思います?

男女間の割り勘問題。あなたはどう思いますか?

付き合う前は割り勘が主流

付き合う前の相手を見定めている段階でのデート代は、どちらが払うのが良いのでしょう?

実はあるデータによると、「初デートで割り勘にする」という割合は約50%という結果が出たんです!

これは意外と思う人もいるかもしれませんが、「デート代は男が払うもの」という時代は終焉を迎えつつあるのかもしれません。

とはいえ、まだまだ「男性に払ってほしい!」という意見も根強く残っているのも事実。まずは割り勘アリ・ナシそれぞれの女性のお話を聞いてみることにしましょう。

割り勘ナシ派

自分から誘っておいて割り勘とか言い出すのはナシですよね。「ここは俺が」って男らしく奢って欲しい。

小春さん(飲食店勤務)

割り勘にされちゃうと、一緒にいる時間がつまらなかったのかな?とか、払う価値無いって言われてるみたいでなんか落ち込むというより、ムカつく。

匿名さん(OL)

もしかしたらこの方たちは、『好きじゃない相手だから』というところが真っ先にあるのかもしれません。

  • 別に私は行きたいと思ってないけど、誘われたからしょうがなく
  • 一緒にいた時間で自分の価値を計られた結果が割り勘?

確かに自分が想いを寄せている相手じゃない場合は、こんな風に考えたら気分が悪くなるのもなんとなく理解できます。

しかし、女性側の「相手と楽しい時間を過ごそう」という前向きな気持ちがちょっと足りないような印象もありますよね。

もちろんこういう考えが悪いわけではありません。冒頭にも言いましたが、『デート代は男が払うもの』というのは定石です。

それをうまく使って甘えられる女性を、魅力的に感じる男性はまだまだ多いですから。

おねだりする女性

とはいっても、それを当然と内心思っているというのが見え隠れしてしまっては、男性もいい気分はしないですし、うまく隠していたつもりでもどこかで感じ取ってしまうものです。

男性に「奢りたい!」って思わせるくらいの小悪魔になりきれれば、男性も「割り勘で!」なんて言い出さないかもしれませんよ。

割り勘アリ派

付き合う前のデートですよね?だったらそこは一旦割り勘にしておきたいです。いきなり奢ってもらっちゃうと、なんか見返り求められても困るし。

ナオコさん(アパレル販売員)

その段階だと普通に友達なので。
変に『デート』みたいにされちゃうと、気軽に行きづらいし、せっかくお互いのこと知る機会なのに、金銭的なところ気にしちゃったら台無しな気がする。

りえぴょんさん(事務)

割り勘アリ派は『付き合う前』というのがキーポイントになってるみたいですね。

内心では払ってもらえたら嬉しいけど、「そういう関係でもないのに」とか「何か裏がありそう」と勘繰ってしまう部分もあるようです。

しかしながら、「気軽に行きづらい」「金銭的なところを気にしたくない」という意見は、男性に対して前向きな姿勢でもあると捉えられますよね?

せっかく誘ってもらったんだから楽しみたい!相手をもっと知ったら発展するかも?という姿勢は、目の前にあるチャンスを大切にするということにも繋がりそうです。

割り勘に対する男性の意見は?

ここまでは女性側の意見でしたが、割り勘に対する男性の意見はどんなものがあるのでしょう?

こういう話題が挙がるということは、確実に「割り勘アリ派」の男性が増えている証拠でもあると思います。男性は実際どんな思いで割り勘を提案しているのでしょうか。

まずは定番の「ここが俺が払うよ」な割り勘ナシ派の意見から。

割り勘ナシ派

男が払うのって当然だと思ってます。最初が肝心ですよね。男らしく払います。
女性から提案されても断りますよ。

洋平さん(会社員)

ケチだと思われたくないじゃないですか。
それで嫌われたらいやなので、自分から割り勘の提案なんて恥ずかしくて絶対できないです。

裕也さん(フリーター)

『男らしい』といえば聞こえはいいですが、『見栄っ張り』とも取れそうですよね。最初が肝心とは言いますが、ここで見栄を張ることで今後のお付き合いが窮屈になる可能性も十分にありそうです。

また、こんな意見も。

女性は化粧やファッションなどでどうしてもお金がかかる。
自分のために綺麗にしてくれていると思って、男たちはそれに対する感謝の意を込めてお金を払うべきだと思う

匿名希望さん(会社役員)

「自分を綺麗に見せたい」と思ってしているおしゃれを、男性がこんな風に感じ取ってくれるのは嬉しいですね。おしゃれをする甲斐もあって、あなた自身もより綺麗になれそうです。

おしゃれする女性

ただ、「女性は綺麗であるべき!」と凝り固まった考えがあるようなら要注意!一時も気が抜けなくて、「素のあなた」を見せるタイミングを見失う可能性もありますから。

男が払う文化はまだまだ根強く、割り勘男子が増えたことでより男らしく見え「がち」ですが、考えが固定されていて融通がきかない男性の可能性もあるので、見極めは重要そうですね。

割り勘アリ派

男女平等ってよく言われてるじゃないですか。女性も今じゃバリバリ働いてるし。
だから払えっていうわけでもないんですけど、こっちが全部持っちゃう前提だと女性に失礼なのかな?って気もして。

小笠原さん(会社員)

女性の中には自分の仕事にプライドを持って働いている人も多くいます。実際にそういう女性からすると、「最初から全額出されるのはちょっとプライドが傷つく」という意見もありました。

もしかしたらこの男性は、身近にそういう女性が実際にいて、身をもってその女性のプライドを感じているのかもしれませんね。

他にはこんな声もありました。

肩肘張って付き合っていくのはイヤなので。付き合う前だからこそ行き慣れた店で自然に振る舞いたい。
気になるから誘ってはいるけど、本当に付き合っていける相手かを知りたくてご飯に行ってる段階だから、そこは対等でいた方がいいかなって。

アキヒトさん(自営業)

これは女性の割り勘アリ派の意見ともちょっと近いですね。一方が想いを寄せているという差をつけずに、同じ立場としてお互いを冷静に見極められる対等さも非常に大切です。

もちろん中には「収入が少ないから払ってもらった方が助かる!」という素直な声もありますが、「割り勘で!」という男性が必ずしもケチというわけではないようですよ。

ケースバイケースがちょうどいい?

天秤

男女それぞれの割り勘アリ・ナシ意見を聞いてきましたが、その時の状況や立場・想いによって割り勘は『ケースバイケース』と考える人もかなりいました。

ケースバイケースということは、場合によっては支払ってもOKという、ある種『割り勘アリ派』とも言えるんですが「こんな時は出さない」という線引きをしっかり持っているのが興味深いです。

こんな場合は割り勘NG!

歳の差・年収の差で判断しちゃうとことかありますよね。
年下でお金持ってない男の子だったら普通に出してもいいんですけど、年上の高収入の方だったら出さないです(笑)。

ゆうさん(接客業)

身の丈に合った良心的な価格のお店とかだったら、割り勘って言われなくても出しますし、私が誘って選んだお店だったら、出してもらうことは全然考えないです。
でも、相手に誘われて明らかに高い店に連れてかれて、割り勘で!はふざけるなって思う。

匿名希望さん(学生)

年齢・収入でどちらが払うかを決めるのはかなりわかりやすい判断でもありますね。

また、どちらが誘ったか・どちらが選んだ店・お店の予算ランクの他にも、お互いの感情の温度差によっても左右されがちなところ。

女性側も男性に好意をもっていたら、意外とこういう意見ってあっさり覆ったりするもんですから。

次の約束と手切れ金!?

もうご飯とか一緒に行きたくないなって人に対しては、相手の出かたにまかせます。
自分からからは言わないけど、相手が言って来たら払いますよ、もうこれっきりって意味で。

でも、また会いたいなと思う人は別!割り勘でって言われる前に自分から出します。
もし相手に断られたら、「じゃあ今度は私が誘うので、その時は払わせてください」って、次の約束をさりげなくしちゃいます。

マナさん(医療事務)

次の約束を取り付けちゃうなんて、これはうまいなと思いました(笑)。

払うと決めているので、じゃあお願いと男性が受け入れたとしてもイヤな気分にならないし、「そんなことでまた会いたい思いは左右されない!」んだそうです。

それにしても、もうこれっきりってことで割り勘を受け入れるなんて、なんだか手切れ金みたいですが、これはこれでハッキリとしていていいんじゃないでしょうか。

男性に試されている場合も

全然全額払ってもいいんですけど、1回目はわざと割り勘を持ちかけて、相手がどういう反応をするかを見るようにしてます。

急に態度が変わったりすると付き合っていくの大変だなって思うし、サバサバしてると好感もてます。好感持てた場合はこっちが多めに払って、次のデートでは僕が持ちます。
まぁ、割り勘反対な女性からしたらかなり嫌われると思いますけどね。

サトウさん(SE)

わざとイヤな役回りすることで女性を試している男性がいるのも驚きです。

でも、これって結構重要な気もしますよね?金銭面はかなりシビアな部分。そこに本性が見え隠れするのは当然です。

ここでお金の価値観が合うかどうかを見極めることで、今後の発展につながるかどうかも決まってくるということです。

この男性曰く、「どんなに楽しい時間を過ごせたとしても、お会計の時の様子で印象がひっくり返ることが結構ある」らしいです。せっかくいいなと思っても、縁が無かったと諦めるそうですよ。

そのくらい長く付き合っていくことを考える上でお金の価値観は重要とも言えますね。

試されてることを逆手にとろう

先ほどの男性のようにわかりやすく割り勘を持ちかけて相手の出かたを試す人ばかりではありません。

男性がおごってくれるからとはいえ、何もせず当然という態度をとっていませんか?そんなお会計の時のあなたの態度も、男性はしっかりチェックしているものです。

そういうところを見られているということがわかっていれば、あなたが取るべき行動はおのずと見えてきますよね?

  • 「いただきます」「ごちそうさま」はしっかり言う。
  • お会計時に財布を出す(素振り?笑)
  • 奢ってもらった時には「ごちそうさまでした」「ありがとうございます」など感謝をしっかり示す。

単純なことですが、『当然』と思っていると意外と抜けてしまったり、相手に嘘っぽく伝わってしまうことがあるので、その辺はしっかり演じ切りましょう(笑)。

もしあなたが小悪魔路線を目指すのであれば、バイバイした後や帰宅後にLINEやメールでも「ごちそうさまでした」、「ありがとうございます」を!

さらにダメ押しで次回会ったときに

こないだはありがとうございました!本当に楽しかったです!

と伝えると、男性からのポイントは急上昇することでしょう。

てへぺろ

LINEで食後にお礼を言うことは多くの女性がやっていると思いますが、翌日以降に直接相手に言う女性は意外と少ないので、小悪魔路線を目指してない人でも普段からやってみると良いですよ!

これ、上司ウケも良くなります(笑)。

お金に対する価値観は超重要

割り勘のアリ・ナシの意見を色々と挙げてきました。それぞれに色々な思惑があって、なんだかちょっと面白かったです。そんな中で見えてきたものは

「脈ありか脈なしかを判断するような単純な目先の話ではない。」

ということ。このやりとりを通して、目先の付き合いではなくもっと先の『結婚に通じるお金に対する価値観』の部分を無意識のうちに判断しているんです。

  • おごってもらって当然⇒養ってもらう気満々
  • 好意のある相手だったら払っちゃう⇒たとえ彼が働かなくても私が頑張る

もちろん、女性も同じく男性をこんな風に判断できます。

  • 「割り勘で!」という男性⇒堅実で家計を守ってくれる
  • どんどんお金を出してくれる男性⇒気前が良すぎて実は借金が…

これはかなり極端な例ではありますが、そのくらいの印象をもたれてもおかしくはないのです。

単純にアリ・ナシで片付けるのではなく、この人はどういう価値観で割り勘を提案してきたんだろう?と率直に聞いてみるとかなり興味深い話が聞けるかもしれません。

そうやって相手の価値観を理解しようした時、もしかしたらこんなことも起こるかも…。

私は割り勘絶対ナシだったんだけど、あの人の話を聞いたらイヤな気がしなかった。

あなたの価値観を変える出会い。これはかなり貴重です。

物事をマルかバツか、アリかナシかの二択で判断するのをやめてみると、この前一緒にご飯に行った「割り勘男子」が、実は近い価値観を持った人だった可能性も。

性別・年齢・年収やどっちが誘った云々は取っ払って、お互いの意見をハッキリ示せる方が、長く付き合っていく上ではラクなものですよ。

男女平等。ホテル代は「彼氏と割り勘」が当たり前の時代がやってきた!?

2018.10.25

【不倫・復縁に強い!】電話占いカリス

[提供元]ティファレト

この記事もどうぞ

復縁→逆転した話